アフィリエイトの作業をしていると、パソコンと向き合う時間は長くなります。

体の中で一番ダメージを受けるのがやはり「目」です。

パソコンのディスプレイからはプルーライトという光りが放たれていて、体に悪影響があるということで私は、PCメガネを愛用してしますが、それだけでは安心とはいえません。

ブルーライトカットのPCメガネを、手に入れたからと言って安心して、パソコンを長時間作業しても大丈夫なんて思っちゃいけません

PCメガネにも欠点はあります。

今日は、PCメガネの欠点と、長時間作業に注意する点を私が普段やってる事を基に書いて見たいと思います。

スポンサーリンク

PCメガネの上手な使い方

PCメガネは、パソコンやスマートフォンの画面を見る時にだけ使うようにしましょう。

最近のPCメガネは、デザイン制に優れているので、普段のファッション感覚でもかけたいと思うかもしれませんが、あまり良いとはいえません。

PCメガネは、ブルーライトという光を軽減させるのが目的なのですが、何もブルーの光だけってわけじゃないのです。

目に入ってくる光を軽減するといういみでは、サングラスと同じ役割をしています。

常に光を遮ると、その状態に目が慣れてしまって、PCメガネをかけていないと眩しく感じることがあるからです。

人の目は、光の強弱にやって瞳孔が変化します。

常に、PCメガネをかけっぱなしにしていると、人の目の働きが衰えてしまうことが考えられます。

PCメガネの欠点

PCメガネの欠点は、ブルーライトを完全に遮断することが、出来ないという点です。

なので、PCメガネを購入したから、パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けても大丈夫とはならないわけです。

ブルーライトが与える影響

ブルーライトを長時間浴びていると、人の体内時計の調整がうまく行かなくなると言います。

テレビなどで、寝る前にスマートフォンを触っていると、睡眠の質が悪いという実験を見たことがあります。

「私の子供達も寝る前に、スマートフォンを触っていると、何時までも寝付かないのはブルーライトが原因だったのか!」と思う所もありますね!

パソコンやスマートフォンから放たれるブルーライトは、光のエネルギーが強いので、角膜や水晶体で吸収できないので、直接網膜へダメージを与えてしまうと言われますし、ブルーライトは波長が短いので、目の疲れをおこしやすいのです。

PCメガネの欠点を補うには

PCメガネの欠点を補う方法は、ディスプレイの調整をする事とこまめな休憩をとることを私は、行っています。

とりあえず自分で、できるブルーライト対策をしてみましょう。

パソコンのディスプレイの調整

この方法なら、お金はかかりませんので経済的にも優しい方法です。

スポンサーリンク

パソコンには、ディスプレイの色を調整できる設定項目があります。

その、上の図では4つの色の調整ができますが「青」を選んで、明るさの数字を下げていくと、画面が黄色っぽくなって行くのがわかります。

これでも、ブルーライトの軽減が可能ですので、やって見てはどうでしょうか。

こまめな休憩をとる

PCメガネの欠点を補うも一つの方法は、こまめに休憩をとることです。

パソコンで作業をしていると、集中しすぎて休憩をとることを忘れがちですが、いくらPCメガネやディスプレイの調整をした方と言っても効果は得られません。

目に対する事だけではなく、座ってばかりで作業をしていると、肩や腰にも負担がかかりますので、こまめな休憩をとることで、いろんな欠点を減らす効果もあると思います。

PCメガネはどんなものが良いのか

PCメガネは、沢山種類がありますので、どれを選んで良いのか迷うと思います。

私は、市販されている物を使っています。

因みにこれです。

私は、使いにくいという感じはありせんが、人により感じ方は違うと思いますので、メガネやさんに足を運んで実際にかけて見て、自分がなるべく使いやすいものを見つけた方が良いでしょう。

まとめ

アフィリエイトの作業をしていると、長時間パソコンの画面と「にらめっこ」と言った状態になります。

パソコンだけではなくスマートフォンでもそうですが、ブルーライトという光があり、その光を軽減するものとして、PCメガネがあります。

ですが、PCメガネにも欠点があります。

まず、自分でできる対策として、ディスプレイの調整やこまめな休憩をとることが大事だということです。

アフィリエイトの作業を長時間行うと、体の至るところに影響が出てきますので、ツールを使って改善せるならどんどん利用した方が良いのですが、出れも万能ではありませんので、使い方を間違えないようにして効率よく作業して行きたいものです。


スポンサーリンク