インターネットで、何かを伝えるには、コピーライティングというスキルがなくてはなりません。

コピーライティングの上達方法と言っても、結局のとこと「書いて!書いて!書きまくる」しかないのかな・・・

とだけ思っていました。

インターネットビジネス業界では、有名な和佐さんは難しく考えすぎだとおっしゃっていますが・・・

何を、難しく考えすぎてるのか分かりません。

そこで、今回はコピーライティングを簡単にするための勉強方法について0から見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

コピーライティングの基本的な考えかた

コピーライティングとは、インターネットを使って情報を発信する為には、超重要なスキルだと、和佐さんもいって言っています。

文章で人を引き付けるには、コピーライティングは必ず必要となります。

 

コピーとは文章を意味し、ライティングとは、書くことを意味しています。

私も、コピーライティングの勉強をしていて、知ったことが、2種類あると言うこと

 

イメージコピーレスポンスコピーと言われるものです。

 

この二つをまずは、分けて考えておく必要があります。

イメージコピーとは

よく耳にするキャッチコピーというもの!

キャッチコピーは、牛丼の吉野家を例にしますと「早い・うまい・安い」・・・

 

うん!確かに!

 

MasterCardでは「お金で買えない価値がある』

 

その通り!!

 

と思わせる人を説得する力を持つ言葉です。

 

ですが、インターネットを使って、情報を発信していく為に、必要なコピーは、レスポンスコピーと呼ばれるもの・・・

 

これは、わたしも知りませんでした。

 

何だか難しいくて、ややっこしいですが・・・

 

レスポンスコピーとは・・・

文章を使って、反応を得る事を、レスポンスコピーといって、インターネット上でのコピーライティングのスキルは、こちらです。

 

このスキルがないと、どうなるのでしょう?

 

文章を書き出す目的は、自分のブログやサイトを多くの人に見てもらいたい!何かを販売したい・コミュニケーションをとる!そのために、一生懸命に文章を書いているのではないでしょうか。

インターネットの世界では、顔が見えない分、人を引き付けるためにできることは文章しかありませんので、コピーライティングのスキルがなかったら、誰も振り向てくれませんし、文章の価値が下がってしまいます。

スポンサーリンク

 

コピーライティングのスキルがあれば、「良い文章だ」「わかりやすい」とファンになってくれる人も多くなりGoogleさんからも、好評価をうけることが出来ます。

 

コピーライティングには、無限の可能性があり、文章一つで、人を動かすことも出来ますし、傷つけたり、喜ばせることもできるのです。

なので、レスポンスコピーこそが、私やあなたが、勉強しなければならないコピーライティングなのです。

 

コピーライティングとは、人間の心理を理解すること

コピーライティングには、人間の欲求に突き刺さるような文章をく事がよいと言われます。

その理由として、人間には、5つの欲求がるからです。

人間の欲求を満せるか満たせないかで、あなたの書いた文章の価値は、評価されます。

 

アメリカの心理学者【アブラハム・マズロー】の欲求の5段階層説は有名ですが、むずかしいので図をみて下さい。

マズローの法則

出典:http://www.motivation-up.com/motivation/maslow.html

 

マズローの5段階層説は、一番したの欲求が満たされると、上の欲求を求めいるようになるというものです。

いちばん下の生理的欲求に対する反応を得ることが、一番何度が、低いです。

それは、人間にはだれしも生理的欲求を第一として生きているからです。

空気・水・たべもの・排泄・睡眠

 

こららは、すべて生理的欲求に属します。

 

例えば、大雨や台風が近づくと、スーパーやコンビニからものがなくなりませんか?

 

普段は、高くて買わないしあまり必要ではないものでも、「交通網がマヒする⇒食べものが入荷しなくなる→食べられなくなる=困る」こうなることを知ってりるので、多少高くても、普段あまり好んで食べないものでもごっそり買い占めてしまうという行動をとってしまうのです。

それは、生理的欲求を満たすための行為だからです。

 

コピーライティングは、この欲求を理解して、文章を書くことを反応を得ることが可能になります。

この5段階階層せつは、下に行くほど難易度が低く、特に生理的欲求などは、セールスは必要ないと言われますから狙いどころです。

 

当然ですが、欲求を満たされている人に対して、訴えても効果はありませんからターゲットを絞ったコピーライティングというものが、必要となってくるわけです。

 

まとめ

コピーライティングの勉強方法として、2種類のうちのレスポンスコピーを学ぶことがインターネット上での情報発信や販売やコミュニケーションには必要であること、言いたかったのですが、いかがだったでしょうか。

私も、まだまだ勉強中の身で、偉そうなことを吐いていますが・・・

 

そして、コピーライティングは、人の心理を理解して、文章を書きいかに人間の欲求に突き刺さるものに仕上げるかが重要なのです。


スポンサーリンク