ライティングで文章を書くのは苦手だと言い方は多いと思います。私はインターネットを使ったビジネスに興味を持ちだしたのがきっかけで、ブログで文章を書き、日々ライティングの技術を学んでいますが、やはり基本がわかっていないと、どんなに文書を書き続けた所で、上達はしません。

私と同じように文章を書くのが苦手な方が、一日も早く上達する為の知っておいて損はしないライティングの基本についてのお話です。

スポンサーリンク

まずはライティングに慣れる事

ライティングを上達させるは、結局のところ慣れるしかありせんが、間違った手法で記事を書きまくっても人に読まれる文章にはなりません。

慣れる事とは、癖を付けると言うイメージで良いので、4つの事が出来ているか見てみましょう・

1-1 記事のテーマを確認する

ライターの仕事には、キーワードに沿って記事を書くものや、専門知識を必要とするものがありますが、記事を書く前には、必ずテーマ決めと行い、そして構成を決めてから書き始めた方が良いでしょう。

不明な点があれば、質問したり調べたりして、自分が納得したうえで記事を書く事を心掛けましょう。

テーマと合致していないと、最初からやりなしとなり、信用もなくなってしまいますので、注意したいところです。

1-2 文字数を意識する

文字数は、指定されてくる場合がほとんどですが、文字数を指定していると言う事は発注者にないか意図があっての事です。

その意図をくみ取り、指定された文字数で完結させるところもライターとしての腕の見せ所です。

1-3 わからない事はとことん調べる

わからない事は、知ったふりをせずにとことん調べましょう。

専門的な知識が必要な案件や体に関する記事を書く際には、嘘や曖昧な情報は、信用をなくしてしましますから、くれぐれも手抜きなどはせずに情報収取をしましょう。

1-4 誤字や脱字はNG

現代のラティングは、パソコンで行う事がほとんどなので、自動的に漢字に変換してくれて便利になった反面、正しいと思って書いた漢字でも、変換のタイミングで間違に気づかない事があります。

また数字の場合は、桁を間違えたりすることもありいがちな事です。

私も文章を提出する前にやっている事なのですが、最終的な確認をするには、パソコンの画面上だけで行うのではなく、紙に印刷をしてみる事で、見えなかった間違いに気づく事があります。

1-5 インプットとアウトプット

ライティングを行う者にとって、興味のない文書を書く事は、とても抵抗のあることですが、好きなことばかりを書いても文書力は身に付きません。

自分の不得意なジャンルでも、今の時代はネットで検索すればいくらでも情報を集める事が可能ですね!

ただしその情報を丸写しはNGと言う事はお分かりでしょうか?

大事なのは、自分で調べた情報で、頭に残った文章だけをインプットして、どのようにアレンジして、アウトプットするのかがライターとしてのセンスになってきます。

スポンサーリンク

1-6 引き出しを増やす

引き出しを増やすのに、一番効果があるのは本を読む事です。沢山の本を読んでいると、文章の書き方に着目するようになり、表現や語彙力の引き出しがふえてきます。

語彙力とは、意味は同じでも、違う言葉で表現が出来る能力で、ライターにとっては欠かせない能力の一つとなります。

1-7 ライティングで意識する事

読者が知りたい事を、意識してライティングを行いましょう。

ライターが自分の考えを前面に出してしまっては、読者のからの共感を得る事が出来ませんから、読者が望む情報は何なのかを考えライティングは行うべきです。

文書というのは、人の気持ちに影響を及ぼす可能性が0ではないと言う事も覚えておきましょう。

この5つさえできれば文章は書ける

文章だけで人に行動を起こさせるには、5つの構成をしっかりと行うことが重要となります。

人を行動へと変化させるには、5つの構成をしっかりと行う事で、導きやすくなるといわれており、情報を伝えやすい手法の一つです。

初心者の方は、覚えておくべきライティング技術です。

2-1 見出しは大事

ユーザが知りたい情報を、インターネットで検索する時は、キーワード(言葉や単語)を入力しますが、いかなる情報でも出てきます。

例えば、『ライティング+上達方法』と検索すると、膨大な数の結果が表示されますが、その中に『ライティングを上達する方法』というタイトルがあった場合と『初心者がライティングを最短3日で上達できる方法』と言うタイトルがあった場合は後者の方が、見てみようとそそられませんか?

見出は、ユーザーが読むか!読まないか!を判断する最初の基準となりますので、どんなに記事の内容が良くても膨大な数の検索結果の中で、光っているタイトルで無ければ、訪問すらしてもらえないのです。

2-2 分かりやすく書かれた内容にする

何を一番伝えたいのかが、明確になっていないと読者は、あなたの書いた文章に興味をもってはくれません。

伝えたい情報が沢山ある場合には、予め情報を整理した上でライティングをはじめた方がポイントにブレが少なくなり読者のストレスを軽減できるでしょう。

2-3 内容に対する考え方

レビュー記事などを書く場合には、ネガティブな内容はあまり書かない方がよいのですが、良い事は自分の意見をプラスしたり、アドバイス的な内容を書いたりすると、読者にとって貴重な情報源となるでしょう。

 2-4 内容を紐付けする証拠

本当の事だ!と証明する為には、画像をつかったり、情報の基になったURLを貼り付けリンクさせたりするなど、読者を安心させるライティングテクニックの基本の一つです。

また、調べもしないで、自分の考えばかりを書く事はライターとしてあるまじき行為ですので、絶対にやってはいけません

まとめ・結論

最後に全体的な内容に触れたあとに、おさらいをする感じで書きましょう。

記事内で書けなかったような事は、最後に付け加えて書く事もライティングテクニックとしてありだと思います。


スポンサーリンク