サラリーマンが副業を考えるときの主な理由として、収入への不満!これが一番多いのではないでしょか!

しかし、サラリーマンが副業をすると、少なからずメリットやデメリットがありますので、最低限、知っておかなければならない事があります。

ですが、あまりそんな事を知らずに行ってりる人が多いですので、サラリーマンが副業を始める前に知っておかなえければならないことについです。

そして会社に副業がばれない方にも触れてみました。

スポンサーリンク

サラリーマンが副業するをする為には

サラリーマンが副業を行う理由!

給料アップの見込みがないとか、子供を進学させるなどようは、今の収入では満足できない副業を考えてしまいます。

転職と言う選択肢もありますが、転職は今まで活躍してきた実勢をすべて0にし新たな職場で新しい仕事にチャレンジするため、生活が変ってしますと言うリスクも伴います。

1-1 転職より副業を行った方が良い理由

副業なら今の生活環境を変えずに、収入の増加が見込めますので、転職のようなリスクはありません。

また、転職より副業をする方がいい理由ですが、仮にやりたいことがあるとしてもサラリーマンを辞めていきなり独立して事業を始めるよりも、副業として試してみることで、自分の能力を試せるし、収入が0になってしまうリスクはありません。

1-3 サラリーマンの副業のメリット

サラリーマンが副業を始めることで生まれるメリットとしてはまず、本業以外の稼ぎができて、金銭的にゆとりのある生活を送れるようになる事ですが、それ以外にサラリーマンが副業をする事でえられるものに以下のような事が考えられます。

  1. 会社という看板に頼らずに、個人の力でどれだけ稼ぐことができるかを試すことができる
  2. 独立や起業を視野に入れて、会社を辞めるリスクを取らずに、実力を見極める期間がとれる
  3. 副業をしているうちに人脈ができると、本業に役立てられることもある
  4. 本業がマンネリ化してやる気がでないとい人にとっては、違った気持ちで副業を楽しむ事が出来る
  5. 本業として働いている会社が危うい時でも、副業での収入があれば、保険としても考えられる

サラリーマンが副業を行うメリットとして、注目しておきたい事は1や2や5ではないでしょうか。

そして、副業をやり始めてみると、自分の能力のなさや会社の看板に依存しているかという事に気が付くと思います。

1-4 サラリーマンの副業のデメリット

副業をすることで考えられる最大のデメリットは、休息を取る時間が削られてしまう事です。

十分体を休めることがきないまま本業の行うとミスをしてしまうリスクを考えなければなりません。

中でもこんな副業をしてまうと大変です。参考:こんな副業はなしだね!って話!

収入を増やす事だけに焦点をあて、副業と本業のバランスをないがしろにしてしまうと、体調不調や精神的な面に負担がかかりすぎて、結局両方ともできなくなってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

そうならない為には、リフレッシュする時間を設けることもしなければなりません。

サラリーマンが副業行うことで守るべき事

最近では、サラリーマンの副業を認める企業も増え、この国自体が働き方を、変えよとしているなか会社の就業規則で、副業を禁止しているところもまだまだあります。

就業規則に副業禁止がある場合は、副業を行うのはリスクが高い事ですし、万が一会社にばれて、懲戒処分の対象となってしまっては大変です。

しかし、サラリーマンが副業を行うのは、会社の就業時間外ですので、それを縛ると言うことは、我が国の法律で認められていませんが、副業が原因で、本業である勤め先に対して不利益になるような事が証明されるとまた話は変わります。

まずは、副業をすることで、本業に影響与えないが大事です。

そして、会社だけではなく他にも影響を与えない程度に副業を行うことがあります。

2-1 副業が原因で周囲に迷惑をかけないように

サラリーマンが副業を行うのは、就業のあとや休日になると思いますが、労働時間が長くで疲労を回復する事ができず、本業に支障が出てしまうことが考えられます。

就業規則上は問題はないとしても、副業を行っている事が、負担となってしまい本業に集中できない状態になると、当然同僚へ迷惑をかけることになってしまい同僚から反感をかうばかりでなく職場での人間関係が悪くなって、そのうち会社に居ずらくなってしまいうのです。

最終的に追い込まれるのは、あなた自身となってしまいます。

また、副業をすると家族との時間や家事や育児にかける時間がとれなくなるのは必然ですから、家族との関係もうまく行かなくなるかもしれません。

ですので、副業を始め収入のことも大事ですが、その影響が同僚や家族など周囲の人へ出ない様にすることが大事を考えましょう。

2-2 副業で収入をえたら!

副業を行う事で、利益が出た場合には、当然税金を収めるなければなりません。

サラリーマンとして給与所得を受けている人の場合では、副業の所得が20万円を超えると確定申告が必要となることは覚えておきましょう

そして副業を認められていない場合には、確定申告のやり方が重要となりますので、サラリーマンの人は副業している事を知られないように、確定申告をするこんな方法を紹介します。

参考:サラリーマンの副業がマイナンバーによってばれない為の確定申告方法

 まとめ

サラリーマンが転職をするより副業を行う方が良い理由から、副業をするメリット・デメリットから始まり、副業をするうえで考えておかなければならないことについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

サラリーマンが、副業をすることは大変ですので、本業とのバランスを考えながら行いくれぐれも周囲に迷惑をかけることは避けるべきです。

副業は、こんな副業はなしだね!って話!を参考にして頂いても良いですし、私はインターネットを使い在宅で出来るビジネスって?をお勧めします。


スポンサーリンク