GoogleAdsenseの審査に申し込みをするには、Wordpressのようなドメインをもったサイトか、Googleが提供するBloggerでしかできないと言う事で、今回はペナルティーを受けた時のリスク分散として、別のアカウントでAdsensenの審査を受けてみようと思ったのですが、BloggeでAdsenseの審査に申込をする方が何度が高いようです。

そして、Bloggerで審査に合格できても、Wordpressのような独自ドメインとはちょっと違い部分がありますので、その辺をまとめて行こうというのが今回の趣旨です。

スポンサーリンク

Bloggerでの審査申し込みから合格まで

Bloggerの場合審査に申し込みが可能となるには、独自とメインと少し条件が違います。

私は、Wordppressをで、審査に申し込みを下のが、このサイト!記事数と運営期間に差があるようです。

この様に、審査に申し込みが出来る条件がそろわないと、ボタンがひょうじされません。

 

Bloggerは、審査に申し込みを出来るまで6ヶ月以上!!だって!

 

サイトが 6 か月以上有効ですか。
中国やインドなどの一部の地域では、審査の前にサイトが 6 か月以上有効であることが必要です。この措置は、広告ネットワークの質を維持し、Google の広告主様とサイト運営者様の利益を保護するためのものです。AdSense への参加要件

サイトが、6ヶ月以上運営してることが必要の様です。

気になるのが中国やインドなどの一部の地区・・・

 

一部の地区ってどこ・・・アジア圏内である日本もこれに該当するのでは・・・

 

私が、現在のところ、Bloggerで作っているサイトは、1ヶ月ですが申し込みが出来ません。

WordPressの時は、サイト作って1ヶ月未満で、10記事程度で、Adsenseに申し込みできたけど・・・

記事数が〇〇以上にならないと・・・

記事数は、AdSense への参加要件には、表記はありませんが30記事程度は、必要になるのではないかと思います。

Bloggerで、審査に用意した記事数は10記事程度ですが、現状では審査申し込みをすることができません。

審査に合格できても・・・

GoogleAdsense、審査に一度は合格してしまえば、他のサイトにでも広告を貼れると思いまいた。

それは、独自ドメインを使って審査に合格できた時の話だと思っていました。

スポンサーリンク
ホスト パートナーを通じて AdSense に登録した方が、運営しているホスト パートナー以外のご自身のウェブサイトに広告を表示する場合は、1 回限りのお申し込みフォームをお送りいただく必要があります。

ホストされているアカウントの利用要件

ホストパートナーサイトというのは、Bloggerで審査に合格したサイトのことを言っているのです。

えっ!!どういう事?

私の場合は、Wordpress=独自ドメインで審査に合格したので、このような制限はありませんでしたが、Bloggerは、審査に申し込みをして合格できたのものだけしか、Adsense広告を貼ることが出来ない!

と思ってしまいそうですが・・・

Googlesさんの説明を理解するののは、難しい・・・

 

じゃ!他のサイト作って、Adsenseを広告を載せようとおもうなら、サイト毎に、審査の申し込みをしないといけない・・・

 

という事になります!!

しかも、審査に申し込みが出来る運営期間が6ヶ月と部分が引っかかります。

 

そんなに、待てるか!!

 

ですが、独自ドメインと同じように、他のサイトにAdsense広告を貼ることができる方法があったとは・・・

私も知りませんでした。

Bloggerで審査を通過して他のサイトに広告を貼る方法

私は、誤解をしてました。

ホスト型アカウントをアップグレードしてしまえば、他のサイトにもAdsenseを貼ることができます。

ホストーパートナーと非ホストパートナー

ホスト型アカウントとは、BloggerやYouTubeのことです。と記載があります。

逆に、非ポスト型アカウントとは、独自ドメインのサイトのことを示しているのですが、2種類のアカウントがあることが、勘違いを引き起こさせる原因となっているようです。

ホスト パートナーを通じて AdSense に登録した方が、ホスト パートナー以外のご自身のウェブサイトに広告を表示する場合は、広告を掲載するサイトの URL を AdSense にお知らせいただく必要があります。このお申し込みは、1 回限りです。

ホスト型 AdSense アカウントを使用して自分のサイトに広告を表示する

この1回限りという表現も紛らわしいというか・・・

1回しかできないというのではなく、1度だけ申し込みをすればいいということだけなのです。

まとめ

Bloggerを使ってAdsense審査に申し込みを行うには、運営期間と記事数が、ある程度ないといけないようです。

そして、Bloggerで合格しても、ホスト型アカウントにアップデートをする手続きを行うことで、他のサイトにもAdsense広告を貼ることが可能になりますんで、Blogeerで、Adsenseの審査は受けない方が良いという言われる人もいるようですが、運営期間+記事数→審査申し込み→ホスト型アカウントの順に行って行けば大丈夫です。


スポンサーリンク