2017年5月14日にGoogleが、Adsenseのポリシーに対して、2つの変更があったを知りまいた。

自分のブログやサイトにAdsenseを載せているとポリシーの変更があると、とても敏感になってしまいます。

一体Adsenseのポリシーはどのような変更をされたのでしょか?

スポンサーリンク

Adsenseのポリシー変更の目的

Adsenseのポリシー変更の目的は、違反に対することがまず目的!

違反のあった広告への対応やWebサイトから削除する方法の透明性が高いとGoogleha言っていますが、どのよな事なのでしょうか?

1-1 Adsense広告を載せている個別のページに対して監視ができる

今までは、ポリシー違反があると、サイトごとAdsenseの広告を削除されていたのすが、Adsenseの技術的な変更ぼより、個別ページに対して、ポリシーに対するコンテンツ違反がないか、監視ができるようになったと言うこと!

1-2 サイト管理者のことも配慮した

何百とページを持っている人にとっては、大変ありがたい話ではないでしょうか。

Adsenseのポリシーに違反している個別のページだけを、修正すればいいので、今までのように、すべてを見直す必要がなくなったので、時間をかけなくて済みます。

1-3 こんなサイト管理者はどうなる

逆に、100ページ以下のサイトを持っている人にとっては、厄介な問題で、ポリシーに違反するようなものが半分もあった場合には、Adsenseが表示されるのが今までの半分となってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

Googleは悪は許さない

Googleは、正当なサイト運営を行っているものが、不利益とならない仕組みを考えた上で、今回のAdsenseに2つのポリシー変更をしています。

ルールを守らずに、利益だけを追い求めるものは良くないことです。

ですので、Adsenseをサイトに載せて利用してりる人だけが今回の、変更の対象ではないのです。

2-1 パブリッシャーに対して

パブリッシャーとは、発行や出版社の事ですが、違反が著しい場合や繰り返し行われるようなパブリッシャーに対しても記事しい処置をしてくようです。

目的は、全体的に見て妨害要因となるものを排除し、Googleとパブリッシャー間で収益が増える事が目的なのです。

2-2 新しく出来たAdsenseのポリシーセンター

Adsenseのポリシー変更で、新たにできた総合案内所と位置付けされたポリシーセンターは、様々な情報を提供すると言っています。

その中身は、サイトにある違反の数や広告を削除する原因となた問題、そしてその問題を解決するの方法や手順についてです。

まとめ

GoogleAdsenseのポリシー変更について、サイト管理者とパブリッシャー双方に係る2つの変更があった事を書いてきまいしたが、いかがだったでしょうか。

Adsenseを載せてサイトを運営している人にとっては、とても興味深い変更でしたが、先日変更されたとの事ですので、今後どうなって行くのか注目しておきたいと思います。


スポンサーリンク