GoogleSearch Consoleを開くと何かいつもと、様子が違う・・・

一番下の位置にWeb Tooleというものが・・・

こんなのあったっけ???と思い開いてみる事に!

広告に対する問題と書いてあります。

スポンサーリンク

えっ!!

よーく見てみると

サイトの広告が Better Ads Standards に違反していないか、訪問者の誤解を招いていないかを確認してくださいと書いてあります。
何言ってんだ?
とりあえず、私のこのサイトが何か問題を引き起こしていると言うことでは、ないようです。
Better Ads Standardsとは!いったいないを意味しているのでしょう。

Better Ads Standardsとはオンライン広告の基準

Better Ads Standardsの目的として、ユーザーが不愉快になる広告や準拠していない悪質な広告を「Google Chrome」から排除する事をことを検討しているようです。

そして、サイトが Better Ads Standards の基準に違反していた場合がは、修正して、再審査を受けなさいということです。

では実査に、どのような広告がユーザーに不快を与える広告なのでしょうか?

パソコンのデスクトップに表示される不快な広告

ユーザー不快と感じる広告は、パソコンの場合4種類、スマートフォンの場合8種類としています。

ポップアップ広告

Ad Experience: Pop-up Ads画面に突然現れる広告で非常にうっとうしい広告№1です。

InternetexplorerやFirefoxのようなウェブブラウザでは、ポップアップをブロックする機能が付いています。

わざわざ、Better Ads Standardsの基準を設けなくてもよかたんじゃ・・・

 

 

 

 

動画広告を自動で再生する

Ad Experience: Auto-playing Video Ads with Sound

このタイプの広告は、自動で音が出ますのでビックリ!!します。

こんな、広告は必要ありませんね!

Better Ads Standardsの基準でバシバシ切って下さいね!

スポンサーリンク

 

 

 

カウントダウンタイマーが付いている広告

Ad Experience: Prestitial Ads with Countdown

パソコンがぼかーん!!って

壊れるんじゃないかと、思うような紛らわしい広告!

これもBetter Ads Standardsの基準で排除!

 

 

 

大きなスティッキー広告

Ad Experience: Large Sticky Ads

画面の30%以上を隠してします広告で、ユーザーが見たい主な情報を邪魔してしまうので、イラッとします。

そして、このタイプの広告は、ページのコンテンツが読み込まれた後に行事されますので、上下にスクロールしても広告が表示され続けます。

これもBetter Ads Standardsの基準で排除!

 

 

 

 

スマートフォンに表示される不快な広告

スマートフォンのようなモバイル向けの広告にBetter Ads Standards は、基準を設けています。

モバイル向けには、パソコン向けとほぼ同じですが、少し基準が違うものがあります。

スマートフォンの画面は、パソコンの画面よりはるかに小さいので、Better Ads Standards は、別に基準を設けたのでしょう。

プレスティシャル広告

Ad Experience: Prestitial Ads

プレスティシャル広告は、コンテンツが読み込まれる前に、表示される広告です。

よくカウントダウン付きで【○○秒後に表示】なんてものを見た事はありませんか?

パソコンでは、カウントダウンタイマーが付いてるものが対象でしたが、Better Ads Standards では、モバイル向けは、タイマーなしでも基準に触れるとされています。

 

 

 

まとめ

今回は、どのような広告表示が、Better Ads Standards の準拠に引っかかるのかを見てきました。

webを利用する人たちは、何らかの情報を知りたいから、サイトに訪れるわけで・・・その邪魔するような事をしてしまっては、嫌われてもしかたありませんね!

Better Ads Standards に、準拠していないサイトは、Chrome 側で広告表示を停止する予定であると発表しているだけで、開始されるのは。2018年初めとのことです。

Googleさんは慈悲深いのか!違反していた場合でも、広告を見直し再度審査を申請する事も可能だとおっしゃってます。

今のうちに違反となってしまう広告は、見直しておく方がいいのかもしれません。


スポンサーリンク