インターネット在宅ビジネスと言えば、いろいろとありますが、私は、アフィリエイトやクラウドソーシングサービスのネットビジネスが、初期の投資が少なくて、自分のスキル向上にもつなるので、初心者向けのネットビジネスではないかと思っています。

アフィリエイトのように商品を売る文章の書きかたやクラウドソーシングサービスのように、ルールに沿って書く文章の書き方がやはり違うところがあります。

今回はクラウドソーシング向けの、文書の書き方で、私も意識してチェックしている基本を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

文章のうまい書き方とは!

文書のうまい下手は、読み手に取って読みやすいか、読みにくいかで判断されます。

クラウドソーシングサービスでは、文字数が〇〇文字以上の様に決められていますので、文字数を稼ぐために本題と外れた内容を書いてしまうと、何についての書いてあるのか掴めなくなってしまいます。

必要な情報をいかに簡単に伝えることができるかが、ライティングでは求められます。

まず基本の4つにを覚えましょう。

てにをは!を的確に使う

日本語には特有の『てにをは』といったものがあり日本語の基礎で、〇〇で、○○は、○○を、〇〇は、が4つの格助詞で『てにをは』というものになります。

どんなに内容がよくても、句読点や接続詞の使い方がおかしいと読みにくい文章となっていましますので、コツは息つぎがリズム良くできて、文章を読む事が出来るかを目安にしてみて下さい

文章を書きあげたら声に出して読んでみる、そしてリズムよく読めるのであれば大丈夫です。

クラウドソーシングでのライティング記事は、第3者が文書を読みますから、まず自分以外の家族や友人に読んでもらうと、気がつかなった部分が見つかるかもしれません。

同じ言葉を繰り返してはだめ

同じ言葉を繰り返した文章とは?

例えば料金などについて書いている文章中に【金額が高い】という表現があったします。

何度も【金額が高い】という文章がでてくると、うるさく感じますから【高額】や【割高】や【高価】といった違う表現をいれ変化させると良いでしょう。

表現が違うだけで、内容がおなじになってしまう文章も、繰り替えし使わないほうが良いのです。

文書を読み直し、おなじ表現の繰り返しになっていないか確認しましょう。

水増し

依頼されるクラウドソーシングのライティングには、文字数が指定されています。

文字数を稼ぐ為に、本文とが関係のない内容で文章を書いてしますうと、水増し行為とみなされるので良くありません。

特に語尾などは『です』や『ます。』調で書くようにした方が歯切れの良い文章となり読み手もわかりやすい文章になります。

説明文では、『これから○○の事についての説明を書きます』や『○○について書いてみたいと思います。』の様に、言われなくてもわかる余分な文書は省き、必要な情報だけを書く事に集中しましょう。

文章をを読む人の事を考える

ライティングの前には、どんな人が読む文章なのかを考えましょう。

文章のを書く指標として以下の事を意識すると参考になると思います。

  • 子供向けの文章:ひらがなを多くする事や難しい表現はしない
  • 男性向けの文章:端的であっさりとした文章
  • 女性向けの文章:やわらかい雰囲気が伝わるような文章

一般的に好まれる文章は、子供、男性、女性ごとに違いますので、読む人が誰なのかを考慮して文書をかくようにしましょう。

わかりやすい文章とは?

わかりやすい文章は、読み進めてもらえる事です。

読む人が知りたい情報を、いち早く理解できるようにしてあげる事が大切で、ライティングには、5つの事が必要です。

依頼者からみた文章

クラウドソーシングでのライティングで気を付ける事は、依頼先から、欲しい文章と思って頂く事です。

依頼を受けて、ライティングを始めす前に考える事は4つです。

  • 書き上げた記事の仕様用途
  • 誰の目線で書くか
  • 誰に向けて書くのか
  • どのような効果を狙った文章にるのか

 

 

 

 

 

目的を決めてライティングを行う事で、ブレがなくなります。

また、様々なサイトの文章を参考にしても良いでしょう。

主語や述語

主語と述語の関係性を意識して文書を書くとわかりやすい文章になります。

ポイントは3つです。

スポンサーリンク
  • 主語がない文章=わかりにくい
  • 主語と述語は近づける
  • 主語と述語が離れる場合は分散して書く

ランティングでは、この3つも事に注意をして、文書を書くだけでも内容が理解しやすくなります。

1つの文に入れるべき情報

一つの文章に情報を詰め込まずに、単純化して一文一意の形を整えます。

そうする事により、この文章は何を伝えようとしているのか明確にわかるようになり、読む人に伝わりやすくなります。

結論から先に書く事

結論から先に書くことはライティングを行う時には鉄板と言われるほど重要です。

結論から先に書く目的は、先に読者を安心させ内容に興味を持たせる事をで、そうした方が先の展開が見えやすくなります。

結論を先に書いてしますと、ネタばれじゃないかと思いがちですが、クラウドソーシングで行うライティングは、小説とは違いますので心配する事はありません。

単語や言い回しに気配りを

ライティングページの中には、難しい漢字や単語を使った文章があったりしますが、読めないと意味がわかりずらくなってしましますから、誰が読んでも分かる単語を使う事や読めそうもない漢字はひらがなを使う事で、読者への負担を減らす気配りをしましょう。

どうしても難しい漢字を使う必要がある場合には、(よみがな)を付けるような事も考えてみて下さい。

効果のあるライティングテクニック

ライティングには、文章だけではなく、視覚的の効果で読者に興味をもってもらうテクニックがあり、瞬間的に目に入りやすい記号があります。

自動車を運転しているでも、注意するを引き付けるマークを見た事はありませんか?

ライティングに置いてそれと同じ事が言えます。

タイトル途中にはドッキリマークやクエスチョンマーク

のようなマークをタイトルの途中に入れると効果的で、特にタイトル部分は10~30文字と短いのでを入れることで、短い文でありあがら、目を引きやくすくなります。

また、は一度に使わすに、タイトルを区切るようにして使う事で2つの意味を持たせる事もできます。

例えば、○○になったら!?その解決方法って!

のような感じで使うと、困りごとついてと解消する為のタイトルを同時にあらわす事が出来ますね!

先に書くのは結論

結論を先に書いて、なぜ?と思わせる事ができれあば、読者は、その先を読み進めてくれるでしょう。

結論に対し、理由を知りたくなるような導きかたをする!

これがライティングテクニックには欠かせないスキルなのです。

違和感のない文章とは

違和感のある文章とは、同じ文章や文末を立て続けに使ってしまう事です。

これは、意識せずにやってしまいがちな事なのですが、~です。~だからです。~なのです。~ます。~します。~できます。のような文末は良く使いませんか?

立て続けに使う事はさけて、いろいろな文末を使う事がライティングには欠かせないテクニックですので、文書を書いた後に自分で読んでみて、違和感なく読めるかを確かめましょう。

ライティングの法則7:3!

漢字の使い方については、文章を読む人へ配慮する理想的な割合がある事をご存じでしょうか?

ライティングでは、漢字とひらがな&カタカナの割合は7:3という割合が、バランスが良いと考えられ、どちらかを多用しすしすぎると、文章を読む意欲をそいでしまいます。

ライティングを終えたら、一度見直してみましょう。

まとめ

クラウドソーシングでライティングを行う基本とテクニックについて、説明をしてきましたがいかがだったでしょうか?

何も考えずに文章を書いてしまうと、伝わらない事が多くなりせっかく時間をかけて書いたものが、無駄になってしまいますから、上手いライティングを行うには、勉強と経験を積んで行くしかないでしょう。

ライティングスキルを向上させる為に、サグーワークスで稼ぐ!その方法と魅力とは!と言う記事のなかで、お金を稼ぎながら、ライティングスキルを向上させる事に興味がある方は一度挑戦してみて下さい。


スポンサーリンク