アフィリエイトは、ネット上にお店を出している訳で、お客さんが来るの待つだけの状態です。

ユーザーが探している商品や情報を検索エンジンを使って探した際に、検索結果がトップ10以内にいないと、お客さんからあなたのサイトを見てもらう確率はかなり低くなってしまいます。

どんなジャンルどんなサイトでもネット上に自分書いた情報を載せている理由は、人に見て貰いたいからだと思います。

アフィリエイトで、幾つもサイトを作って行くにしても、最初のキーワードというものは必ず付きまとってきますので、大事なポイントをしっかりと掴んで、手を抜かずにしっかりと行ってください。

スポンサーリンク

成果につながるキーワードって

成果に繋がるものとそうでないものがあり、その違いは何かといいますと、購買意欲の高キーワードが、成果につながりやすいです。

ピンとこないと思いますが、検索する言葉に違いがあります。

ポイントとなる点がいくつかありますので、見て行きたいと思います。

1-1 ポイントとなるのは具体性

例えばパソコンを購入しようと考えている人がいたとして、パソコンだけで検索しているような人は、どんな種類のパソコンを購入しようか?まだ調査段階の人が多いと言えます。

それに対して、Dellノートパソコン15インチの様に絞り込んで検索をしている人は、具体系に機種が選定されており、購入するための最終段階に入っている事が想定されます

なので、商品名+条件で検索されているキーワードを見つける事がポイントとなるのです。

1-2 ユーザーが商品を探す2つの要因

成果に直結するキーワードは具体的であると言う事ですが、検索する際に、商品名+何らかの条件で検索されている事は4-1でお分かり頂けたでしょうか?

では、ユーザーが商品を探す要因とは何か?

それは2つあります。

1つは内的要因ともう1つは外的要因です。

内的要因は自分で使う事で、4-1でのDellのパソコンを例にした場合、内的要因が強いとおもいます。

では、外的要因が多いものと言えば、何かのお祝いやプレゼント関係です。

例を1つ上げると、ベビーベッドの様なものはどうでしょうか?

出産がを控えた、ご夫婦が購入を検討する・親族や友人がプレゼントとして、送る事を検討している。

この様なパターンは、内的要因・外的要因を両方とも持っているので、狙い目だと推測できます。

しかもこれが数か月後に生まれる等の事情であった場合にはさらにその購買意欲は高まります。

複合キーワード

初心者の方には、複合やロングテールを狙えと言われます。

アフィリエイトの世界では、どの分においてもライバルが存在しますので、複数のキーワードを組み合わせた、戦略が欠かせません

ビッグキーワードと複合キーワードの双方にはメリットやデメリットがありますので、違いを理解しておいてください

2-1 ビッグキーワードと複合キーワードの違い

1つの単語だけで成り立たせるいるのもをビッグキーワードと言い、検索回数も圧倒的に多くこれで上位表示されれば一番いいのですが、トップアフィリエイターや企業までが存在る為初心者ではとても入り込む余地がありません。

複数の言葉で成り立たせるものを複合キーワードと言いうのですが、ビッグキーワードは、上級者アフィリエイターや企業向けである事に対し複合キーワードは、初心者でも上位表示を狙う事が出来るのです。

初心者はまず、複合キーワードでロングテールを狙えと言われますが、私もそのことを重視したおかげで、トップ1の検索結果を経験しました。

ただこの複合キーワードにもデメリットはあります。

GoogleAdwordsの様なツールを使えば、誰でも複合キーワードを見つけ出す事が出来るので、ライバルが増える可能性がある事です。

しかし、それを回避する方法もあり、検索回数が多い言葉を組み合わせるのではなく、あえて少ない方の言葉を組み合わせると言う方が、唯一の対抗手段でしょう。

2-2 複合キーワードを探してみる

パソコンを例にして副業キーワードを探してみましょう。

複合キーワードの見つけ方

パソコンと入力して検索されている数は10万~100万と非常に多いですが競合性としては低いですがそれに対して【ノートパソコン安い】と言う言葉で検索されている数は、千~1万と検索最数は少なくなりますが、競合性は高くなっています。

このことから、パソコンの様なビッグキーワードに具体性がプラスされる事によって購買意欲がある人がこれだいると言いう事が考えあれます。

パソコンに関連する情報を検索している人は100万人いるのに対して、パソコンでノートタイプで安い物を求めている人が1万人いるという事でが想定出来るわけです。

この様な感じで、複合キーワードを探していくと言う方法があります。

工夫した探し方

アフィリエイトで商品を紹介するには、一つの商品情報にまつわる事だけを探していくとかなり、幅が狭まってきます。

そういった場合は視点を変えて別の角度から発想を考えて行く事で、キーワードの幅が広がって行きます。

アフィリエイトでは、角度を変えて考える事が需要だと言われますので、一つの型にはまった考え方ではなく、柔軟に発想をすることが大事です。

スポンサーリンク

3-1 ひねりを加える考え方

キーワードプランナーでパソコンで検索している人を探した場合に、パソコンに対しての情報を探して言える人は100万人のうちに1万人しかいない事が想定出来ましたが、その理の99万人はパソコンに対して何かの情報を探している訳ですから、いろいろな事が考えられます。

  1. パソコンをこれから始めようと考えていて、パソコンスクールを探そうとしている
  2. パソコンのソフトを探している
  3. パソコンを誰かにプレゼントしたいと考えている
  4. パソコンを使った仕事を探してる
  5. パソコンで何らかのトラブルを抱えている

などなどあげれば他にも沢山出てくると思いますので、上記の様な事を想定してサイトのキーワードを選定しそこから発展するような展開でも良いと思います

例えば、1のパソコンをこれから始めようと考えていて、パソコンスクールを探そうとしている人をターゲットにサイトを立ち上げた際には、パソコンで出来るあらゆる可能性も情報として提供して、その中にパソコンを使って在宅仕事をする事だってできる事やアフィリエイトというパソコンを使ったネットビジネスがありあなたでも出来ますよみたいな事やパソコンは外へ持ち出して使えノートタイプのものがあり、外出先で使うにはwifiとういのが必要で、こんなサービスがあります等に発展させる事を想定出来ます。

ひねりを加えて考えて行く事で、ライバルの少ないサイトを展開できる様になります

3-2 ユーザーのニーズに答える

ひねりを加えてサイトを展開して行く他に、しっかりとユーザーのニーズに答えると言う考え方もあります。

ユーザーがどのような事に困っているのかを知る事で、ユーザーが何を求めているのかが把握できるようになります。

それに、一番適したやり方が、Q&Aおのコミュニティーサイトを活用する事です。

教えて!gooYahoo!知恵袋と言った、ユーザがっ困っている内容からキーワードを探すやり方もあります。

この場合サイトの題名をつける際には○○の解決法や○○をする為には○○をすると良いと言ったような、問題を取り除く手段がこのサイトにはありますよ!見たいな事をアピールすると良いです。

隠れたニッチキーワードで勝負

ニッチキーワードとはマイナーと言いう意味なのですが、世の中のあらゆるもの情報から、言葉を探す手法とは、アフィリエイト業界においても採用するべきテクニックの一つです。

今流行っている話題を取り入れる事をトレンドキーワードといって、流行ネタはアクセスを爆発させる事が出来ますので、狙い目として取り入れる事も有効です。

4-1 こんな探し方が一番楽

これまでいろんな紹介してきて、こんな事を言うのもなんですが、キーワードは探す時には自分で推測をして頭で考えるより、世の中で起きている事を自分のサイトに関連付け出来るような言葉を見つける方が楽ですし、スピードが早いです。

インターネット上にあるニュースサイトや書籍・雑誌・新聞・テレビ番組等は正にキーワードの宝庫なのです。

専門雑誌は存在すると言う事は、ニーズがあるから存在するわけで、そこに市場があるという事が考えられますし、夕方のニュース番組ないで放送される主婦やOL層向けの特集番組なども要チェックです。

また、サジェストを言うツールを使って探す方法もあります

サジェストキーワード

サジェストとは、Google検索時に(この場合パソコンと入力しました)が入力した言葉にの関連キーワードを表示してくれる提案機能のことで、その表記がある言葉は検索されている頻度が高いという事です。

このサジェストは、google以外でもYahooでも出来ます。

4-2 名刺に着目した探し方

商品名や社名やブランド名や専門用語や人名と言った特定の名刺に着目する事が大切です。

特定の名刺で検索してくるユーザーは関心を持ている事が考えられますので、同ジャンルの商品であれば目を向けてくれる事は間違いありません

名刺はアフィリエイトで成果を上げる為に、最も需要なので、ライバルがいないニッチなキーワードで勝負すれば、独占出来るはずです。

4-3 知識のある分野から探す

深さが勝負ですので、誰でも知っている言葉よりも、知る人ぞ知るとういう言葉を使う方がより効果的です。

そんなにスペシャリスト的な事を知らなくても、予備知識して持っているだけでも、その分野は全く知らのない人よりは、情報をもっていますので、そこから発展させる事もで行きます。

自分に馴染みある言葉から探していく方が、ドンピシャなキーワードを見つける事が出来るかもしれません。

まとめ

今回は、成果につながりやすいキーワードはどんなものか、初心者が狙うと良いキーワードはどのようなモノかおわかり頂けましたか?

そして、ユーザーがどのよう事を悩み、どのような解決策を望んでいるのかを調べながら、応用して工夫したキーワードを見つける事が初心者が上位表示を狙う唯一の方法です。

なれないうちは時間もかかり大変ですが、上級者も通過してきた道のりです。

 


スポンサーリンク