自分で決めたキーワードをサイトのテーマとして設定する最終決定をする前に、やっておかなければならない事についての解説です。

大変重要な事ですので、アフィリエイトで一番大事なキーワードってなに?を理解したうえでみて下さいね!

方向性は決まった!けど、本当にこれで良いのかと疑問に思うはずですが、アフィリエイトはライバルが少ないほど良いので、初心者はスキマを狙う事だけを考えましょう。

スポンサーリンク

 競合の多さや激しさを知る事

ライバルサイトがどんなキーワードを使って上位に表示させているかを調査しなければなりません。

競争が激しい分野でいくら初心者が頑張ったところで、上級者のライバルサイトの陰に隠れてしいますが

ライバルサイトのやっている事を研究する事によって上級者と肩を並べる事が出来ます

まずはライバルがどんな事をやってどんな実力を持っているかを知る必要があります。

1-2 ライバルサイトのキーワード

上級者のサイトには、ある程度決まった周期にキーワードが含まれています。

タイトルに含ませる事は大事ですが、文章中にも含ませながら作っていくという事が出現率を上げる為のテクニックとして必要です。

ライバイサイトがどのような言葉を使い上位表示をさせているのか?どのくらいのキーワードが出現しているか分析し研究してみましょう。

これをSEO分析と言い、それをSEOチェキを使って行う事が出来ます。

1-3 被リンクの数でわかるライバルの実力

被リンクとは、他の人からリンクを貼っ貰う事です。

逆に自分から他の人のサイトのリンクを貼る事を初リンクと言います。

と言ってもピンと来ないと思いますので、説明します。

あなたが作ったサイトがたまたまものすごく参考になると評判のサイトだったとします。

あなたのサイトに訪れた人が、このサイトは参考になりますよってあなたの【サイトはここです】の様な分をクリックするだけで、あなたのサイトに飛ぶようにしている事です。

この被リンクは、簡単にはではできません。

被リンクの数が多いと言う事は、それだけ運営期間が長くて信頼されていると言う事なので、初心者は太刀打ちできませから、そのライバルとの勝負は避けた方が無難です。

1-4 被リンクの基準は

数を稼ぐには時間を書け集める事は可能ですが、個人でサイトを運営している場合は、数か月をかけて1000というのが現実的な数字です。

つまり、被リンク数が1000以下のサイトが上位に表示されているキーワードを選ぶ方が良いという事です。

検索結果1ページ目に表示されるサイトの中で、被リンク数1000以上サイトが、3つ以下なら、比較的簡単に上位表示されると判断できます・

1-5 ライバルサイトの被リンク数ってわかるの?

チェックする項目が増えてくると、ライバルサイトの被リンクをいちいち調べるのは非常に手間が掛かります。

そんな時に役立つのが、無料で使える被リンクチェックツールです。

使い方は簡単で、ライバルサイトのURLを入力するだけです。

必ずやってる上級者のSEO対策

検索結果に上位表示されるように、改善を行う事をSEO対策と言います。
SEOとは(Search Engine Optimization)の略で、日本語で言うと、検索エンジン最適化と言います。

SEOについては、奥が深くてとても、ここだけで説明する事が出来ませんが、簡単に言いますとキーワードをコントロールして上位表示を狙うという感覚なのですがが、単に言葉を並べてししまえば良いという訳もありません。

2-1 目標キーワード

SEO対策は単体で行うの対して、上位表示を狙う目標キーワードといい短い方が有利とされています。

例えば、検索エンジンは、サイトの評価を行う際には、サイトのタイトルを重視します。

パソコン.comというサイトタイトルであれば、パソコンという言葉で評価を受けますでは、【パソコン】と【デスクトップ】の場合はどうなるでしょう?

この場合は2つの言葉に対して評価を受けますのので、パソコン.comでしたら言葉はパソコン1つなので、100%の評価
パソコンデスクトップの場合は各50%づつになります。

スポンサーリンク

両者を比較すると、パソコンでの検索結果の場合、パソコン.comの方が上位に表示されますので、評価基準を考えるとキーワードは絞り込んだ方が有利と言う事になります。

2-2 キーワードの出現率での効果

SEO対策は単体で行うとありましたので、キーワードとなる言葉は沢山入れた方が良いと思いがちですが、それは逆効果です。

不自然に並べてしまうと、gooleさんから怪しまれてしまいます(スパムと言って上位表示を狙った不正行為)

スパムと評価されたら、どうなると思いますか?

順位を下げられ、最悪の場合圏外まで飛ばされてしまいます。

以前は出現率5%くらいが良いとされていましたが最近はあまり関係ないようです。

自然な範囲で出現させる方が良いです。

2-3 検索にヒットしやすい並べ方

サイトのタイトルに含むキーワードは、左に来る言葉が一番重要で、右に行くに連れて重要度が減ります。

サイトのタイトルを作る際には、頭文字の方が重要となってきます。

例えば、Dellのノートパソコンの最安値情報というタイトルでサイトを作ったとした場合は、キーワードはDell・ノートパソコン・最安値情報という3つの言葉に分けられます。

そのような事から、一番先に重要視されるキーワードはDell、そしてノートパソコン最後に最安値情報と言う順番で優先度が変わっています。

こう言ったの使い方がSEO対策に影響を与えるので、優先したいキーワードを一番左に持ってくるという事が大事なのですが、自然な感じでないと変なタイトルになってしまします。

とにかく初心者は!ちりも積もればで行こう!!

1つのキーワードに拘りすぎてそればかりを狙っても行くには限界があります。

では、どうすればいいのか?

様々な検索にヒットする様に多くのサブページを用意しておく事です。

そうする事によって、他のキーワードで検索して訪れたユーザーが、他のページを見てくれる可能性がありサイトのとの滞在時間が増えgooleさんからの評価も上がるからです。

ページ数が増えれば、含まれる言葉の数は増えて行きます。

サイトというのは、そういった小さい言葉の集合体となって行きますので、ちりも積もれば、山となる戦術を使います

3-1 1つのキーワードだけ上位表示されても意味がない

1つだけ、上位表示されてもアクセスされる数には限界があり、それ以上の伸びは望めません。

様々キーワードからアクセスを得られるようなサイトにしていく事が、いかに大事かという事です、

その為には、競合のない分野でスモールキーワードの数を増やし関連記事でも上位表示を狙うのが理想のやり方です。

3-2 有利なサイトは

検索エンジンで、訪問してくるユーザーは様々な言葉を組み合わせて、情報を探してきます。

緊急性のあるユーザーなら、なおの事、現実味のある入力します。

そういった事を考えた場合に、やはり運営期間が長く、ページ数の多い、スモールキーワードを多く含んでいるサイトが有利になってきます。

コンテンツの量が多く、質が高いサイトであれば、どれだけアクセス数が増えるという事になって行きます。

3-3 アクセス数を知る事

自分のサイトにどのくらいのアクセスがあっているのか?
また。どんなキーワードで訪問されているのかを、分析し改善して行く必要があります。

これを知るには、アクセス解析ツールという物を使用すると簡単にできます。

GoogleAnalyticsというアクセス解析が一般的に使われるアクセク解析ツールですが、初心者の方は、少し難しく感じるかもしれませんのので、もっと簡単に使えるアクセス解析ツールは、忍者アナライズというツールがありますので、そちらの方が使いやすいでしょう。

どちらも無料で使えますが、登録は必要ですが、特に難しい事はなく必要事項を入力するだけで使えるようになります。

まとめ

今回は、ライバルがとっている対策をしる方法や、実力を知ることで、出来る対策について説明してきました。

競合の多い分野で初心者がどんなに頑張っても成果に繋げるサイトを作りには時間が掛かりすぎますので、引き際を考える事もやって行かないといけません
しかし、アフィリエイトは、王道的な手法をとった場合には、時価が掛かると良く言われますので、自分のサイトのアクセス数などを、見て改善をしていく行動もとっておきましょう

 


スポンサーリンク