アフィリエイトをサイトを作る際に、まず初心者の方が最初にやってしまう事!それはサイトの見た目に時間をかけすぎてしまって、本来アフィリエイトに一番大事な事を見過ごしてしまうのが、アフィリエイト初心者に共通する事ではないでしょうか。

インタネットビジネスと言われるアフィリエイトには、必ず守らねければならないある法則というものがあるのはご存知でしょうか?

今回は、その法則とはいったい何なのかを記事にしました。

この法則はインターネットビジネスを行って行く上での原則となるものなので
しっかりと覚えておくと必ず役にたちますし、長期的に差が出るのは間違いありません

スポンサーリンク

アフィリエイトサイトの王道の法則は永遠に不滅

アフィリエイトには月日が流れても色あせない王道の法則があります。

この王道のやり方をとった場合は成果が出るまでに時間が掛かるという、デメリット的な事があげられますが、将来安定してアフィリエイトで収入を得たいのなら必ずしっておくべき事です。

私は、王道のやり方を教材を使って知識を得ましたが。その教えの中でもやはり基本をしっかりと学ぶ方が、成功への近道だという事だったのです。

王道の法則CTPMの法則は顔の見えないアフィリエイトサイトでは、指針となるものです。

アフィリエイトブログの設計図CTPMの法則

CTPMの法則というのは、Site Sell.comというサイトで、マーケッターKenEvoyという方が原則として提唱しているものです。
インターネットの創設期から20年以上のたった現在でも、色あせるとのないインターネット上でのビジネスで、成功する為の法則として今でも受け継がれています。

CTPMの法則というのは以下の事を意味します。

2-1 C=コンテンツ

コンテンツの質が良ければ、他サイトから取り上げられたリ、訪問する人が多くなるのは当然の事で、1日のアクセス数を上げようと思うのであれば必須となる法則のまず第一です。

どんなに記事を更新してもここが出来ていないと、アクセスが伸びないと言う事になりますので、しっかりと力を注ぎたいところで、訪問してくれる人が幸せになれるような良質のものを作る必要があります。
そのコンテンツをはっきりと決める為にはターゲット選定が大事って話にも関係します。

スポンサーリンク

2-2 T=トラフィック

あるキーワードで検索して訪れる方にとって、自分が探している欲求を最も満たしてくれるサイトが良いサイトな訳です。

有効な情報があるサイトには自然とアクセスが集まりますし、共感を抱いたりしてくれると、ファンにもなってくれるわけです。
このうなナチュラルにアクセスを得る事をトラフィックと言いますが、自然にリンクを貼られる事により自作自演でリンクを貼る手間は省けますし、正当なサイトとしてGoogleさんからも高く評価されるって事です!

2-3 P=プリセール

良く店が新しく開店してたりする時に、開店日の数日前にちょっとしたイベントみたいな事をやる時にプレオープンなどと言う事おこないますが、(プリ)は前って言う意味です。

ここでのプリセールにはプレ(前)+セール(売)るという意味でとらえると、セールスする前に売ると言う事は何を売るのでしょうか?

自分です。

アフィリエイトなどのネッ上で商品を販売する前に、まず自分を売り信頼を先に得いる事が一番先にやる事なのです。

顔も見えないしどんな人だかわからない人から物を買ったりしないのが、ネットビジネスの難しさですので警戒心を取り除く事が出来ないと何一つ商品を売る事は出来ません

2-4 M=マネタライズ

自分に対しての警戒心を取り除き、訪問者がファンになってくれると商品が売れやすくなります。

運営者が言っている事は正しいと思ってもらるので、ここまでくると成功への道は開けたと思っても良いです。

信頼を得いるまでが、一番苦労するところなのですが、正直に運営する事が一番時間短縮につながるはずですので、知らない事を無理やりしたように書くよりは、わからないものは分からないと書き、調べて解決した旨を後日追加するなどした方が信頼性が上がると思います。

まとめ

CTPMの法則を知っての運営は、後に非常に有利なモノとなって行きますが、一番大事な事はユーザー目線で記事が書けているか?サイト構成は出来ているか?と言う事になります。

どうすれば収入を得られるかを考える前に、ユーザ目線を先に考えて優先しなければ、アフィリエイトブログでの成功は出来ません

この事がしっかりと理解でき実行する事が出来ればアフィリエイトブログ以外のネットビジネスでの成功も出来るはずです。

最後のもう一回大事な事を言います

ユーザー目線と信用です。


スポンサーリンク